• みんなのブルーダーを自慢しちゃおう!

  • インスタやメールでいただいた「映えるブルーダー」をまとめてみました。
    みんなも自慢のブルーダーを、インスタやメールでも投稿してください。


    本物志向の方は「リアル部門」、楽しく笑顔になる「スマイル部門」の2部問を用意。
    それぞれお好みのスタイルで写真とメッセージをお待ちしてます!

     

    各投稿ページ準備中(11/15公開)

    【極秘】Bruderの映える撮影方法

    • (1)安定のローアングル!

      人の目線の高さで撮影すると、どうしてもオモチャっぽさが抜けきれません。
      本物感を出すにはスマホなら逆さにして撮ってもよいでしょう。

    • (2)外では晴れor雨の日!

      晴れの日は、陰をうまく活用し、雨の日は水や映り込みをうまく使いましょう。
      曇りの日はNGというか、のっぺりとした写真になってしまい、映えにくいんです。

    • (3)対象物で大きさをアピール!

      ブルーダーの魅力はなんといってもその大きさ。
      日本ではまだミニカーが主流のため、ミニサイズだと勘違いされてしまいます。人や物で、大きさ比較をしながらも面白く撮れます。

    • (4)背景に意識を向ける

      一眼レフで背景をぼかしても良いですが、スマホなどでも背景をあえてしっかり入れてみる。
      そうすることで背景に馴染み、より臨場感が伝わります。

    • (5)フィギュアで物語性をつくる!

      車体のみで物語もできますが、人が入ることで一気に感情が揺さぶれれます。
      何かを言っているのか、どこに向かっているのか、フィギュアは最高の脇役です。

    • (6)タイトルで全てが決まる!

      ぜひ、一緒にタイトルもつけてください。写真のイメージがより鮮明にその輪郭が現れてきます。
      なるほど!と唸る素敵なタイトルもお持ちしています。

    • (7)汚れることを気にしない!

      本来、外で走る車たち。本来のステージに立たせてあげることで、イキイキしてきます。
      汚れもリアリティを表現するには欠かせません。

    • (8)スマホカメラ機能を最大限活かす!

      広角やズームレンズをうまく活用し、表現の幅を広げます。
      おすすめは広角レンズで地面から這うように撮影すると、ダイナミックな画が撮れます。

    • (9)やっぱり最後は好きかどうか。

      好きだから思いつくアイディアや表現方法が見つかります。
      どうぞ、みなさんの愛でブルーダーを磨き上げていってください。


pagetop